有限会社バードランド

ギターや楽器に関する周辺機器を販売しております。
営業時間:平日・土曜 11時~19時
定休日:日曜・祝日

OBP Series

ナチュラルサウンドを追求したBirdland OriginalのコンタクトPU

OBPはコンタクトタイプのピエゾピックアップです。近年では出力の高いアクティブタイプのピックアップが主流となっていますが、OBPではギターの振動をプリアンプによる色付けをすることなく最もナチュラルな形で出力できるコンタクトタイプでパッシブ(電池無し)を採用しております。

従来、コンタクトタイプでパッシブ仕様のピックアップは「とりあえず音が出せれば良い」「本格的なライブでは音圧が足りない」など幅広いステージでの演奏に不向きなイメージがあり、アンダーサドルタイプのピックアップを取り入れるプレイヤーが多かったと思います。

このOBPはそのイメージを払拭するコンタクトピックアップと言えます。サウンドはコンタクトピックアップ特有のエアー感のあるナチュラルなサウンドに加え、コンタクトピックアップでは表現しづらい重厚な低音を放ちます。フィンガースタイルではプレイヤーの表現したいサウンドをリアルに、弾き語りではパワフルな低音を活かしたストロークプレイが可能です。

独自開発の圧電素子
緩衝材となる木材や本革

写真はOBPに使用されている独自開発の圧電素子です。アコースティックギターの振動を捉えるのに最適なサイズや硬さを研究いたしました。

また、使用されている線材に関しても拘りがあり、純度が高く、ロスの少ない線材を使用すると高音域が強調されすぎてしまい、逆にロスの大きい線材を使用するとサウンドの輪郭がぼやけてしまうため、様々な線材でブラインドテストをおこないました。

更に、OBPのサウンドを作るうえで一番のポイントが圧電素子とギターの間に緩衝材となる木材や本革をラミネートしていることです。

ナチュラルなサウンドを作る上で、ギターの振動をスムーズに素子へ伝達するのは一見重要に思えますが、従来のコンタクトピックアップではストレートにギターの振動がピックアップに入力されすぎてしまい、高音域ばかり強調されていました。

緩衝材となる木材や本革があることによって、余計な高音域はカットされ低音域とのバランスに優れたサウンドが生まれます。ただ緩衝材となる材をラミネートするだけでなく特殊なオイルで材を一定レベルまで固めることで音色の調整も図っております。


Birdlandの製品でサウンドをより思いのままに

ミニプラグ ステレオ
Highlander
Birdland インサーションケーブル
Birdland Acoustic Mixer 2

OBP Seriesのサウンドチェック

-ソロギタリストAKI氏による、OBP-Excellentの試奏動画-

アンダーサドルタイプのPUでは表現しきれない柔らかくエアー感のあるサウンドをOBP-Excellentは放っています。サイズの異なるセンサーが2個ある為、それぞれのセンサーをギターのどのポジションに貼り付けるかでプレイヤーの好みに合わせたサウンドに仕上げることができます。AKI氏の場合は高音域の煌びやかさを重視するため2つのセンサーを高音弦側に寄せて貼り付けているようです。

ネットショップまたはお問い合わせフォームからも商品のご購入が可能です。