有限会社バードランド

ギターや楽器に関する周辺機器を販売しております。
営業時間:平日・土曜 11時~19時
定休日:日曜・祝日

NAZCA HiFC CABLE

これまでにない新素材を使用して作成されたNAZCAブランドの国産ギター、ベース用ケーブルです。
ギター本来の原音に忠実に、かつ立ち上がりの速いサウンドを可能にしています。

※製品のJANコードについてはこちらのページからご確認ください。


取扱楽器店情報

※詳しい在庫状況については取扱楽器店へお問い合わせください。


HiFC素材について

NAZCA HiFC CABLEには「HiFC」と言う高機能純銅が使用されています。
これまで長らくギター、ベース業界のケーブルとして使用されてきたのが一般的にOFCと呼ばれる素材でした。そのOFCとHiFCの違いとは一体何か?それは、使用されている銅材にチタンが含まれているか、いないかによります。HiFCとは銅材に極微量なチタンを添加し、銅中の不純物を制御した物なのです。
不純物を制御する事により銅材の持つ本来のポテンシャルを高いレベルまで引き出すことが可能になります。HiFCは銅材の高純度銅では6N(純度約99.9999%)相当と言う高い測定結果があります。これは、銅材としての軟化特性や耐久性を表す数値で通常のOFCケーブルでは3N~4Nが標準なので数値的にもその優位性は証明されています。

※本来なら4N相当の純度ですがHiFC化によって6N相当を実現しています。

HiFC化によりこれまでのOFCケーブルよりも滑らかなしなり具合と優れた耐久性が得られています。

※HiFCは日立金属株式会社の登録商標です。

図1. 純銅HiFCの軟化特性(直径2.6mm)
図2. 純銅HiFCの伸長特性(直径2.6mm)

サウンド特性

HiFC化により純度の高いケーブルとなったことで、出力されるサウンドはとてもクリア。純度が高いと聞くと楽器から出力された電気信号がストレートに出てしまい高音域が鳴りすぎてしまうイメージがあるかも知れませんが、聴感的に不快に感じる部分は綺麗にカットされているので、すっきりとした印象です。また、低音域の無駄な広がりもしっかりとまとまった低音へと変換するのでキレのあるコード感を実現しています。

ギター、ベース共に中域のアタック感に優れ、ドライブサウンドやバンドでのセッションなど楽器その物の原音感を失うことなく抜けの良いサウンドとなっています。逆に原音感を全く必要としないメタル系の歪には原音がしっかりと活きてしまうため、不向きな面もありますが、ギターやベースその物のサウンドを使いたいプレイヤーには最適なケーブルと言えるでしょう。

デザインへの拘り

サウンド面以外にもNAZCA HiFC CABLEには強い拘りがあります。プラグの形状からNAZCAロゴのサイズ、ケーブルの外装に使われている糸編組に至るまでルックス重視な要素が感じられるかと思います。特に糸編組に関してはケーブル本体の被膜は赤、糸編組に黒を組み合わせることで独特なカラーリングを実現。

ご購入特典

- 1年間保証 -

NAZCAは安心と信頼をご提供しております。
お買い上げより1年間が保証期間となります。

※プラグ部分の不具合、接点不良などに限ります。

※ご使用時の糸編組の破れなどは対象外です。

- NAZCA巾着が付属します -

ケースメーカーであるNAZCAらしい付属品です。決して安くはないケーブルです。巾着に収納して大切に持ち運んで頂きたいです。


Artist Review

NAZCAケーブルは大変素直に楽器の音を出力するケーブルです。余計な低域や高域のブースト感がありません。これは凄く好感が持てます。それでいて音にしっかりと芯があり、単音、とくに低音の巻弦へのアタックがとても気持良いです。自然としっかりとしたピッキングでフレーズに表情を付けたくなります。ケーブル自体も軽くて取り回しが楽ですね。ただ少し硬いと感じる事もあり、管理には気をつけなければいけないかも知れません。NAZCAケースを愛用しているギタリストは沢山いるので、そのNAZCAがケーブルを出しているという事に興味を持つ人は多いのではないかと思います。

良いケーブルをご紹介頂いてありがとうございました!!


「一定の水準を超えた楽器であれば、見た目通りの音がする」というのは、以前楽器店の方に教えて頂いた言葉ですが、このシールドに関しても同様で、決して派手さこそないものの、丁寧に作られた真面目なシールドです。全帯域に渡って綺麗にバランスよく出力してくれますが、強いて言えばローが割とあっさりしています。その分低域のモタつきが無く、弾いたフレーズやコード感を濁りなく伝えてくれます。他の帯域にもクセがついていないので、出したい音、ニュアンスをそのまま伝えてくれます。

デザインもシンプルながら洒落ていて、そして、シールド自体がとても軽いです。これ、日々持ち歩く身としてはとても重要で嬉しいポイントです。


何度も現場で使ってみた感想が、僕は現在エフェクターを直列で何個も繋げてのセッティングで多少それで音は劣化はしてるんですけど、このケーブルだとちゃんと使ってる竿の美味しさが出るし純度が高いなあという印象でとても助かってます。

手持ちの他のケーブルと比べても出音が煌びやかといいますか、癖もなく素直にプレイできるのでレコーディングでもライブでも間違いなく力を発揮できる即戦力となるケーブルだと思います。


ギターからプリアンプまでのメインケーブルにNAZCA HiFC CABLE 7mを、プリアンプからエフェクターをつなぐパッチケーブルにNAZCA HiFC PATCHを使っています。

音の抜けが良く、ケーブルの効果を実感できます。ギターの生音を活かしたいので、くぐもることなく出てくれるのは嬉しいですね。音域に偏りがなく、安定感と軽やかさがあり、レスポンスも良いので音の輪郭がくっきりとして歯切れ良いです。また、全体の色合いもシックで印象的ですね。軽量なのも持ち運びにはありがたいです。様々な場面に対応するプラグや長さのラインナップも、よく考えられているなと思います。